第11回『おもしろ科学教室』で講演を行いました

2019年01月31日

blog190131.jpg

1月14日に名古屋大学IB電子情報館で行われた、
第11回『おもしろ科学教室』で社長の村瀬が講演を行いました。

小学生を対象にした科学啓発活動として
2008年にスタートした『おもしろ科学教室』は、
様々な学会・学校・企業などに支持されながら、
毎年、多くの参加生徒に科学の魅力を伝えています。

弊社の村瀬による講演と
日本弁理士会東海支部様による発明特許に関する電子紙芝居の後、
「電波でおにごっこ、キツネを探せ!」や
「息で重いものを持ち上げよう!怪力ボックス」など4つのテーマで、
こども達が楽しみながら学べる工作教室が行われました。

講演は「印刷のしくみ」という演題で、
印刷の歴史や色の表現方法などを、
クイズを交えながら、こども達に伝えました。
質疑応答では積極的にたくさんの挙手もあり、
楽しみながら、印刷のしくみを理解してもらえた様子でした。

また、おたのしみ企画として、弊社のスクラッチくじを活用し、
工作グッズやブラックライトで見えるトリックペン、
昨年末に導入されたUV印刷機とレーザーカッターで作成した、
アクリルキーホルダーなどがプレゼントされました。